CM Watch

最新CM・出演者を紹介

ad

比嘉愛未

パナソニック Let's note(レッツノート) 比嘉愛未

2017/11/28

パナソニック Let's note(レッツノート)RZシリーズ 新CMに比嘉愛未さんが出演しています

「予告」篇 「ようやく一通り仕事をおぼえることができた」と比嘉愛未さん
「そろそろ次のステップに進んでもっと会社で活躍したい 誰よりも早く成長したい そう思っている私」
「そして彼は頼りになる部長 いつもレッツノートを持ち歩き、得意先へのプレゼンや社内への報告を軽やかにこなし次々と仕事を成功へ導いている」上司の事を考える比嘉さん
「私に何が足りないんだろう 気がつくと部長が気になってしまう私がいた 何この気持 憧れ?それとも…」
彼女の目線で語られる新しい大人のビジネスストーリー 「どうすれば部長みたいになれるんですか?」
あなたのビジネスを成功に導くプロフェッショナルモバイルを。世界最軽量 新Let's note

Let's noteのサイトでは「予告」篇の他にメイキング映像が公開中
10日以降 「私にだって知らない一面」篇 「私も頼られたい」篇 「選んでもらいたい」篇が公開予定です!

2015年10月7日 SZシリーズ ビジネスで攻める人「神戸出張」篇 「金沢出張」篇 「北陸新幹線」篇

「神戸出張」篇 「ねぇこれデータ古くない?」資料の間違いに気づく比嘉愛未さん
「あっ本当だ…」と後輩女性 「大丈夫 いまから巻き返せる!」とLet's noteを取り出す比嘉さん
「急ぐよ!」と走る二人 プレゼンの準備中にLet's noteを落としてしまう後輩「あっすいません」「大丈夫!」と比嘉さん
「いかがですか?」とプレゼンをする比嘉さん 「決まりだな!」取引先の部長
ビジネスで攻める人の世界最軽量 新Let's note 「神戸 サイコー!」「神戸牛サイコー!」乾杯をする二人 そこにメールが…「えっ明日から!?」

「金沢出張」篇 「ほらほら 急ぐよ!」と比嘉さん 「はい!」と後輩女性
「よしできた!」タクシーの中でLet's noteを使い仕事をする比嘉さん ふと外を見ると…「あっ金沢城だ」
「さぁ次!」仕事をこなしつぎつぎと移動する二人 「まだ行くんですか?」と後輩女性
「先輩体力ありすぎです…」とバテバテの後輩に 「なに もうバッテリー切れ?」と比嘉さん
「先輩充電しましょ!」と休憩を提案する後輩 「まだだって」と手を引っ張る比嘉さん
ビジネスで攻める人の世界最軽量 新Let's note 「金沢サイコー」「ノドグロサイコー」

「北陸新幹線」篇 たくさんのお土産を抱えた後輩に 「それ全部お土産?」と比嘉さん 「はい 自分用に…」と後輩女性
「で、早速食べるんだ」新幹線の車内でお土産を食べ始める後輩 「先輩もどうです?」「いいや 報告書あるし」とLet's noteで報告書を仕上げる
「よしできた!」と比嘉さん すると…「はい いただきます!」眠っていた後輩が立ち上がりLet's noteが下に落ちる「あぁごめんなさい…」「はいはい 大丈夫!」
ビジネスで攻める人の世界最軽量 新Let's note
「とりあえずおつかれ!」とお茶で乾杯をする二人 「お疲れ様です」と後輩 「ほんとだよ…」と比嘉さん 「えっ?」と後輩女性

2017年1月12日 XZシリーズ

「新レッツノート!」♪タブレット タブレット 移動中もレッツノート♪
「会議の時間は…」車の中でタブレットとして使う比嘉愛未さん
♪オフィスで資料もレッツノート 打ち合わせにもレッツノート♪ デスクではノートパソコンとして使う比嘉さん
♪プレゼンだってお手のもの♪ あなたの毎日に軽い驚きを レッツノート史上初 タブレットモバイルPC

2017年11月28日 記者:比嘉愛未 取材レポート レッツノート「どこでもオフィス」篇 タフブック「馬術競技」篇

レッツノート「どこでもオフィス」篇 「記者の比嘉愛未です 今日はちょっと面白い働き方改革に取り組んでいる味の素さんを取材してきました」と記者の比嘉愛未さん
「当社では2020年度までに1日7時間労働の実現を目指しています」と味の素の古賀さん「また働き方改革の一環としてどこでもオフィスという取り組みを行っています」「どこでもオフィス?」
「通常のオフィス以外に社外スペースを契約してどこで働いても自由なんです」「素敵ですね!」「ただ、働く場所は自由なんですがパソコンを持ち運ぶ必要があるため軽いモバイルパソコンを探していたんですよ」
「だからレッツノートを」と比嘉さん「そうなんです 自宅にも持ち帰れるので急に子どもの体調が悪くなったときなんかは在宅勤務に切り替えています」と佐伯さん
「まさにレッツノート1台でどこでもオフィスって感じですもんね!」
「今日の取材ではレッツノートを通してビジネスの新しい時代の幕開けを感じる事ができました」

タフブック「馬術競技」篇 「記者の比嘉愛未です 今日は日本の馬術競技の新たな挑戦について取材してきました」と比嘉さん
「この競技は採点競技なので人海戦術でひたすら成績を出してたんですね」と黒川さん「これを自動的に全部集計するようなデジタル化が行われたんです」
「特に練習では屋外に近い環境で使う事が多かったので普通のパソコンだと耐えられなかったんですね」「あぁそれはそうですよね」
「そういう環境に見合うものがないかと探した結果 見つかったのがタフブックだったんですね これからは日本の環境でもスムーズに審査できるのでもっと競技を楽しんでもらえると思います」
「今回はタフブックの活躍から選手だけでなくそれを支える人々の未来にかける情熱を感じる事ができました」

パソコン(個人向け)| Let's note(レッツノート モバイルパソコン) | Panasonic
比嘉愛未 公式サイト

-比嘉愛未
-